fc2ブログ


鏑木悟道演出 舞台 演劇企画室ベクトル第24回公演 BOUNDARY[báundəri]

イチヱンボッポフィルムメンバー、鏑木悟道が演出する舞台公演です。
舞台撮影を我々がいたします。
アフターコロナの世界を描いたちょっと不思議な物語。
お時間がある方、ぜひお越しください。

チケット予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/vektorboundary?fbclid=IwAR1P6OGwl39XmZtR92dsKqzAXB8qtK9EAg1ZsgyZ70ykWPid8KgN2nFZx-o

演劇企画室ベクトル第24回公演「BOUNDARY」1

演劇企画室ベクトル第24回公演「BOUNDARY」2
スポンサーサイト



Date: 2022.09.03
Category: その他

4/30 「ヒロインアクションまつりin東京2022」超満員御礼!

2022年4月30日(土)、IPF新作『YOSHIKOを探せ!!』(完全版)の上映がありました、東京・中目黒トライで開催された「ヒロインアクションまつりin東京2022」の模様を、IPFの代表胤森淳がブログで綴っています。

胤森の参加はできませんでしたが、東京の主催のシネマペロ稲葉司監督などのレポを元に書いています。
ご覧ください!

記事へのリンクはこちら↓
https://ameblo.jp/jmipf/entry-12740695341.html

220503ヒロインアクションまつりin東京2022-1

220503ヒロインアクションまつりin東京2022-2

(写真:稲葉司監督より)
Date: 2022.05.03
Category: 広島発ヒロインアクションまつり

『YOSHIKOを探せ!!』香川美夏さん(八城忍役)コメント動画

『電光石火☆八城忍』(2016)で主演を務めた香川美夏さんが、『YOSHIKOを探せ!!』にも八城忍役で登場!
どんな役どころなのかは…見てのお楽しみです♡

ヒロインアクションまつり in 東京2022」
2022年4月30日(土)17:00~中目黒トライにて開催!
・上映作品
『悶殺蛇女』 内藤慈監督作品
『BLOOD BLADE』 岡田広監督作品
『YOSHIKOを探せ!!』胤森淳監督作品
『パピーゾンビ(2022年版)』
『東京のヘソで恋が走る』 稲葉司監督作品
・MC:鈴愛/星野佳世
・生ライブ:I LOVE U@あいり
香川美夏さんコメント動画↓
https://youtu.be/NHlVfgcgg7k
Date: 2022.03.24
Category: 電光石火☆八城忍

「ヒロインアクションまつり in 東京2022」で「YOSHIKOを探せ!!」完全版を上映!

最新作「YOSHIKOを探せ!!」、殺陣フェス以降に追加撮影したシーンを加えた完全版が完成しました!

東京での上映が決定!

ヒロインアクションまつり in 東京2022」
2022年4月30日(土)中目黒トライにて開催!
上映作品
『悶殺蛇女』 内藤慈監督作品
『BLOOD BLADE』 岡田広監督作品
『YOSHIKOを探せ!!』胤森淳監督作品
『パピーゾンビ(2022年版)』
『東京のヘソで恋が走る』 稲葉司監督作品
ライブゲスト:I LOVE U@あいり
https://www.facebook.com/heroineaction/

詳細はまた追ってUPしていきます。
Date: 2022.03.23
Category: 広島発ヒロインアクションまつり

2022/3/19(土)ひろしま映像ショーケース2022で上映しました!

ひろしま映像ショーケース220319_01

毎年恒例の、広島インディーズ映画上映会「ひろしま映像ショーケース」。
小雨が降る中ではありましたが、今年はコロナの影響を受けることなく本日無事開催されました!

主催/広島市映像文化ライブラリー
協力/ひろしま国際平和文化祭実行委員会
後援/総務省中国総合通信局

ひろしま映像ショーケース220319_03

まだコロナ予防を配慮して、座席は定員の半数の84席での開催。
約40人くらいのお客様が入場していました。

ひろしま映像ショーケース220319_02

明日は学生さんが作ったドキュメンタリーやアニメーションの上映となっています。

ひろしま映像ショーケース220319_04

最初の上映は有名監督を輩出する老舗レーベル、Quest Movie Factory(QMF)による『風さそふ』(監督/吉松幸四郎 84分)。
平成30年7月豪雨災害で被災したキャストも出演している自然の抗い難い猛威に翻弄される家族たちの物語を描かれています。
舞台挨拶にはキャストさんがずらり。

ひろしま映像ショーケース220319_05

監督の吉松幸四郎さん。
美しい映像詩とともに映し出される被災地の様子。
3年前の映画で、キャストの子供たちも大きくなっていますが、記録映画としても大変貴重な映画となっています。

ひろしま映像ショーケース220319_06

次の上映が、当団体イチヱンポッポフィルム(IPF)の『思い出はあしたから』(監督/胤森 淳 53分)。
広島の美しい風景をバックに展開する切ないラブストーリーです。
昨年の「懐かしの8mmフィルム自主映画上映会」でも上映した作品ですが、改めて大スクリーンで上映する機会をいただいたことに感謝。
胤森 淳監督が舞台挨拶しました。

ひろしま映像ショーケース220319_07

本作撮影の裏話や、次回作『YOSHIKOを探せ!』の上映、市民文芸受賞作もいつか映画化したいと話しました。

ひろしま映像ショーケース220319_08

3番目の作品は映画で広島を元気に!を合言葉に若者と協同で作品制作やイベント開催している広島を盛り上げる実行委員会による『生きて、生きる』(監督/山中富雄 35分)。
主人公たちが数々の困難に立ち向かい走り続ける、「生きること」をテーマとした壮大で象徴的な作品です。
山中富雄監督が舞台挨拶

ひろしま映像ショーケース220319_09

これからも若いキャストやスタッフと一緒に広がりをもった活動をしていきたいと抱負を話していました。

ひろしま映像ショーケース220319_10

最後はプロ顔負けのクオリティを誇る制作団体、市民活動で映画製作をする会による『風鈴と僕と』(監督/はまの省蔵 23分)。
会社でのいじめに苦悩する青年が、癒しを求めて訪れた風鈴の家で巻き起こる騒動を描いた短編作品です。
はまの省蔵監督が舞台挨拶

ひろしま映像ショーケース220319_11

はまの省蔵監督は撮影前に事故にあい、療養中の身でありながら苦労しながら撮った作品。
複数のナレーターによるナレーションや工夫を凝らした映像編集がなされていて、映像に対するこだわりや思いを感じ取ることができました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
まだ続くコロナ禍で、映画撮影もさまざまな困難を伴う大変な中での撮影となるかもしれませんが、来年もぜひショーケース上映を目指して日々活動していけたらと思っています。
これからもよろしくお願いします!
Date: 2022.03.19
Category: ひろしま映像ショーケース
プロフィール

ichienpoppofilm

Author:ichienpoppofilm
広島市で活動している自主映画製作・上映サークル「イチエンポッポフィルム」のブログです。最新情報をお届けしています。
公式Websiteはこちら↓
http://ichienpoppo.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR